8本足の「タコイカ」はタコ? それともイカ?
イカとタコの仲間は、軟体動物の頭足類(とうそくるい)に属す親戚です。
どちらも頭が胴体と足(腕)との間にあり、足が頭をとり巻くようについているのが特徴です。
タコとイカの違いといえば、まず挙げられるのは足の数で、タコの足(腕)は8本、イカは10本ということになります。

ところが、北海道の近海や日本海の一部に生息する「タコイカ」と呼ばれる変わり者は、胴長約30cm、頭と胴体はイカらしいのですが、足が8本なので、タコなのかイカなのか、ちょっと迷ってしまいます。
おそらく、それでタコイカという名前がついたのでしょう。

タコイカ
タコイカ
写真は、こちらからお借りしました。

さて、このタコイカですが、実はイカなのです。
普通、イカの場合は10本ある足のうち、2本は触腕(しょくわん)という先端のほうにしか吸盤のない腕をもっているのですが、タコイカにはこれがないのです。
それで足が8本ということになり、タコかイカか迷ってしまうわけですが、正真正銘のイカです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
泥棒が盗品を包んで背負っているのは、何故唐草模様の風呂敷?
「誘拐、身代金保険」は日本に何故ない?
脳の記憶容量は?
瓶ビールの王冠のギザギザの数は、すべて21である?
星座の形は、少しずつ変化している?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告