3本指で食べるのが、ヨーロッパの上流階級の証だった?
フォークと ナイフ

日本人がどんどん海外に旅行するようになった昨今、以前ほどマナーの悪い人は少なくなってきたとはいえ、スープを音をたてて飲んだりする人はまだまだいるようです。

とはいえ、かの国とても、18世紀にフォークが普及するまでは、手づかみで食事をしていました。
そればかりか、貴族でさえ、鼻は手でかむのがよしとされていたほどなのです。

ヨーロッパでは、ローマ時代から11世紀ごろまで、貴族も平民も手づかみで食事をしていました。
11世紀の十字軍のころから、次第にエチケットに関心をもつようになり、教養のある人は薬指と小指を使わずに、他の3本の指でつまんで食べるようになりました。
が、普通の人は相変わらず5本指で食べていました。

1530年代の作法書には、

「指は必ず3本だけ使って食べること。間違っても5本全部使ってはならない。上流階級かそうでないかはここで見分けられる」

と書かれています。
3本指で食事をすることは、上流階級の証だったわけです。

でも、わざわざ3本指で食べるなんて、カッコつけるのも楽ではありませんね。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
土星や木星のガスは、ロケットで通り抜けられる?
100歳を過ぎても子種のある老人がいる?
古代オリンピックの選手は、全員全裸で競技をしていた?
ニワトリのトサカは、何を表わす?
円周率暗唱の世界記録保持者は誰?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告