阿呆列車の食堂車を独占した内田百聞?
本を読む 文学少女

どの世界にも変わった人間はいるものですが、文学の世界にも一風変わった性癖の持ち主がいます。
夏目漱石門下の小説家、内田百聞(1889~1971)はその最たる1人でしょう。

例えば、借金をしに行くときにもわざわざ正装し、借りる金額以上の車代をかけて先方へ乗りつけたという有名な話があり、これひとつをとっても、いかに変人であったかがうかがえます。

また、内田百聞には、大変人を食ったところがあり、一緒に列車で旅をした写真家の林忠彦氏の証言によると、満員の食堂車の中でも委細かまわず泰然自若の体でビールを飲み、ボーイから、

「先生、お客様と交代していただけませんか?」

と催促されても馬耳東風、看板になってもまだ動こうとしなかったということです。

図々しいというのか、茶目っ気があるというのか、内田百聞は変人を絵に描いたような人だったようです。
奇人 怪人
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
看守に追い出された、ヘンな囚人がいた?
(今ここ)阿呆列車の食堂車を独占した内田百聞?
自分で死亡広告を作った三遊亭金馬?
5発の銃弾を受けても死ななかったラスプーチン
カリオストロは、上流社会を手玉に取った希代の詐欺師だった?

広告

世界の奇人・怪人 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告