右手で招く猫と、左手で招く猫がいる?
招き猫

昔から、招き猫といえば、商売繁盛を願って店先に置かれる縁起物です。
たいていは、左手を上げていて、右手に小判を持っていたりしますが、逆に、右手を上げている招き猫もいるのです。

一般に、左手で招いているは客を招き、右手で招いている猫は福を招くといわれています。

招き猫の由来には、たくさんの言い伝えが残されていますが、左手の招き猫の話しで有名なのは、文化13年(1816年)にあった「小判猫」です。

魚屋の伊乃助が病気になって、仕事ができず、お金に困っていたとき、いつもエサをやって可愛がっていた猫が、小判をくわえて現われます。
この猫は、両替商、時田喜三郎(ときたきさぶろう)に飼われていた猫なのですが、2度目に小判を盗み出そうとしたところを主人に見つかり、殺されてしまいました。

後に、主人は伊乃助の話しを聞いてビックリ。猫は手厚く葬られ、その話しが評判となり、左手を上げ右手に小判を持つ招き猫が作られたのです。

一方、右手を上げた招き猫で有名なのは、東京都世田谷区にある豪徳寺(ごうとくじ)の話です。
彦根藩主井伊直孝(いいなおたか)が、狩りからの帰り、激しい雨に遭って困っていると、一匹の猫が近くの荒地から現われて、手招きをします。
それに従って寺で雨宿りをしたのが縁で、貧乏だった豪徳寺は莫大な寄進を受け、裕福になりました。

その猫の墓は今でも豪徳寺にあり、右手を上げた招き猫が奉納されています。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
振りがなを、何故ルビという?
台湾では、バレンタインデーが年に2回ある?
乳飲料のパッケージに良く書かれている「生乳」は、牛乳とは違う?
トートバッグは、もともと氷を運ぶための道具だった?
自己破産した場合、貸した方は泣き寝入りをするしかない?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)