サンタクロースは、盗賊の守り神だった?
サンタクロース トナカイ

クリスマスの前夜、トナカイに引かれたソリに乗って、子供たちにプレゼントを届けてくれるサンタクロースは、子供たちに夢を与える子供たちの守護神として知られていますが、もっと古くは、実は盗賊の守護神だったのです。

サンタクロースのモデルとされる人物は、4世紀頃、小アジアのミラに住んでいた大僧正セント・ニコラウス(Saint Nicholas)だと言われていますが、このセント・ニコラウスは、特に盗賊や強盗から守り神としてあがめられ、悪者たちの守護神であり、擁護者だったのです。

小アジアでは、スリなどの指先の器用な盗人を「セント・ニコラウスの騎士」と呼んでいました。

さらに、帝政時代のロシアでも、サンタクロースは守護神だったようで、質屋の商標や、海賊たちの旗印に、サンタクロースがデフォルメされて用いられていたようです。

サンタクロースは、時代の移り変わりの中で、盗賊たちの守護神から子供たちの守護神へと変わっていったようです。

確かに、クリスマスの前夜、サンタクロースは大きな袋にいっぱいのプレゼントを世界中の子供たちに届けるわけですが、一体あのプレゼントはどこから仕入れるのでしょうか?
それを考えると、サンタクロースがその昔、盗賊のボス(?)であったということもあり得ることです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
脳の記憶容量は?
鳥は、何故V字型の編隊をつくる?
生命誕生の鍵は、重力だった?
電子レンジのドアに貼られた網の役割は何?
時計の針は、そもそも何故右回りなのか?-時計の発明と進化

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告