「火事場の馬鹿力」はどうして出る?
馬鹿力

人間は、思ってもみない急場に直面したとき、自分が普段もっていない力を発揮することがあります。
例えば、地震の後に、母親が下敷きになった子供の上にある障害物を持ち上げたり、火事のときに、気がつくと普段であれば動かすこともできないような、重い金庫を運んでいたりといったような場合です。

普段、力を出すときは、運動神経が筋肉に命令を出します。
が、急場となると、交感神経が、人の意志とは無関係に、生体の維持のために働くのです。

普段、人が持ち上げられる重量は、自分の体重と同じくらいまでとされています。
ところが交感神経の指令が筋肉に伝わると、それが一挙に2倍くらいになるのです。
普段からこのような力を出していると、筋肉が壊れてしまうおそれがあるために、制限がかかっているのです。

ちなみに、プロのスポーツ選手がトレーニングを続けるのも、この交感神経を効果的に発揮させるためでもあるのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ヒンズー教行者の理解を超えた苦行とは?
リカちゃん人形の靴は、舐めると苦いって本当?
ウィーンで、「犬免許証」が交付?
宇宙人でも検索できる、Googleの「クリンゴン語」表記?
「スバル」は日本語?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告