「片鼻呼吸法」で心が落ち着く?
片鼻呼吸法

インドで古くから実践されてきたヨガの中に、「片鼻呼吸法」というのがあります。
今日は、それをご紹介したいと思います。

やり方は、まず、楽な姿勢ですわり、背筋を伸ばします。
右手の人差し指を眉間(みけん)に当て、親指が右の小鼻を、中指が左の小鼻に触れるようにします。

そうしたら、親指で右の鼻孔(びこう)を押さえ、左の鼻孔から息を吐きます。
吐きおわったら、左の鼻孔から息を吸って両鼻孔を押さえ、しばらくの間息をとめておきます、

今度は、親指を離して、右の鼻孔から息を吐き、続けて右から息を吸って、またしばらくとめておきます。

これを交互に10回ほど繰り返すと、精神が集中して気持ちが落ち着いてきます。

詳しいやり方は、以下の動画をご覧下さい。


アーユルベーダヨガ 片鼻呼吸のポーズ 投稿者 SharonDante

何故、片鼻ずつすると落ち着くのかという謎は、未だに解明されていませんが、一説には、鼻孔(びこう)内の粘膜(ねんまく)で作られる一酸化炭素が、神経伝達の働きを促し、それによって、視床下部(ししょうかぶか)らホルモンが分泌されるのではないかといわれています。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「夏バテにうなぎ」はもう古い?
チーズを、包丁にくっつかないように切るには?
忘れ物を他人に取られないちょっとしたコツとは?
狭い部屋を広く見せるには?
ふとんは、すぐにたたんではいけない?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告