首を切り落とされても歩くニワトリ?
ニワトリ

1904年、アメリカのミシガン州サウルト・サンマリイ市のベルヴィデア・ホテルでの出来事。
晩餐の材料にするニワトリに、世にも不思議なことが起こりました。
このホテルの主人が、いつものように、斧(おの)で生きたニワトリの首を切り落としたのですが、そのニワトリが、なんと部屋の中を歩き回るという奇怪なことが起こったのです。

そのニワトリは、首を切り落とされた後も、あたかも首があるかのように歩き回り、それまで通り生き続けました。
が、18日目に、首のところにある器官が癒着し、ついに窒息死してしまったということです。

しかし、軟体動物ならまだしも、ニワトリが首を切り落とされた後も生き続けるということは、奇跡としかいいようがありません。
食品添加物を知ろう
このニワトリの話は、地元の新聞で報じられ、黒山の見物人が同ホテルに押し寄せる事態となったそうです。

ニワトリが首を切り落とされた後も生き続けるという話しは、実は他にもたくさんあるようですが、首のないニワトリなんて、想像しただけで不気味ですね。
珍事件簿
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
少年にシンナーを売って借金返済?
推理小説をそっくりマネた、大掛かりな詐欺事件があった?
「皆さーん、この先でネズミ捕りをやってるよ!」
13年間父母の仇を探した、しぶとい奴?
お見事! 本物の絵だけを盗んだ芸術家ドロ

スポンサーリンク

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)