首を切り落とされても歩くニワトリ?
ニワトリ

1904年、アメリカのミシガン州サウルト・サンマリイ市のベルヴィデア・ホテルでの出来事。
晩餐の材料にするニワトリに、世にも不思議なことが起こりました。
このホテルの主人が、いつものように、斧(おの)で生きたニワトリの首を切り落としたのですが、そのニワトリが、なんと部屋の中を歩き回るという奇怪なことが起こったのです。

そのニワトリは、首を切り落とされた後も、あたかも首があるかのように歩き回り、それまで通り生き続けました。
が、18日目に、首のところにある器官が癒着し、ついに窒息死してしまったということです。

しかし、軟体動物ならまだしも、ニワトリが首を切り落とされた後も生き続けるということは、奇跡としかいいようがありません。
食品添加物を知ろう
このニワトリの話は、地元の新聞で報じられ、黒山の見物人が同ホテルに押し寄せる事態となったそうです。

ニワトリが首を切り落とされた後も生き続けるという話しは、実は他にもたくさんあるようですが、首のないニワトリなんて、想像しただけで不気味ですね。
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
えっ、いたずらネコに死刑の判決?
家計簿を見てから盗む気配り泥棒?
「所得申告」した律儀な泥棒?
「数日間、何も食べておらず腹が減っていた」-豆形ストラップを万引きして逮捕された男
労多くして報われない、”おつり詐欺”の手口とは?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告