「上戸」、「下戸」は税金の言葉からきた?
上戸 下戸

昔から酒飲みのことを「上戸」、酒が飲めない人のことを「下戸」といいますが、この語源は平安時代の税金制度からきているようです。

大宝律令(701年)で、一戸の家に6、7人の成人男子がいる家は上戸、それ以下は下戸と定められました。
これは、いわば貧富のランク付けでもありました。
当時は、これによって婚礼の際のお酒の量も制限されました。上戸は8瓶までふるまい酒が許されたのに対して、下戸はせいぜい2瓶程度までとされていたのです。

また、上戸、下戸に関しては以下のような説もあります。
秦の始皇帝が、万里の長城を守る兵士たちにねぎらいの言葉を与えました。
その際、寒い山にある長城の門(上戸)には寒さしのぎの酒を、平地の門(下戸)を守る兵士には、甘い物を渡したといいます。
ここから、上戸、下戸が使われるようになったというものです。
語源・由来
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
モスバーガーの「モス」の意味は?
「背広」は英語である?
「贔屓」の語源は?
「ジープ」の語源は?
リレーの最終走者を「アンカー」と呼ぶのは何故?

広告

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告