日本で、裏白のお札が発行されたことがある?
我が国で発行されているお札は、紙幣、印刷とも世界一流で、最もにせ札の作りにくい紙幣だと言われています。透かしはもちろん、お札の表面の印刷にも、にせ札が作れないようなさまざまな工夫が表にも裏にも施されています。

が、その日本で、かつて一度だけ、裏が真っ白なお札が作られたことがあります。
それは、昭和2年3月、時の大蔵大臣片岡直温(かたおか なおはる)の不用意な発言がきっかけとなり、金融恐慌に見舞われたときです。

この恐慌で、市中に流通する紙幣の枚数が不足し、廃棄することになっていたはずの十円札を倉庫から出して使用するという事態となります。
それでも枚数が足りず、大量にお札を印刷することになりましたが、時間もないため、当時の日銀文書局長の発案で、印刷に便利な裏白二百円札を急造することになったのです。

裏白二百円札
写真は、こちらからお借りしました。

このお札は、4月25日から発行されましたが、恐慌が落ち着くとすぐに回収され、わずかの間だけで姿を消しました。
そのため、現在ではマニアの間で非常に人気のあるお札となっているようです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
カメの甲羅は、何故六角形?
ホットドッグの中身は、ダックスフント?
室町時代、くじ引きで選ばれた将軍は誰?
「乳化剤」とは?
電車のレールのカーブの部分は、どうやって曲げている?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告