体が乾燥しても生き続ける小さな虫がいる?
ドゥジャルダンヤマクマムシの電子顕微鏡写真
クマムシ
写真は、こちらからお借りしました。

自然界の中には、驚くことに体が乾燥しても数十年にわたって生命を失わない生物が存在します。

世界中に広く分布して生息しているクマムシという、体長わずか1mmほどの節足動物は、体の水分がなくなり乾燥してくると、樽のように丸まって動かなくなります。
そして、再び雨などで水分が戻ってくるまで、仮死状態を保っているのです。

クマムシが、仮死状態でどのくらい生きていられるのかはまだ分かっていません。
が、同じような性質をもったある種の線虫が、39年間も乾燥状態でいた後に生き返ったという例や、博物館で120年もの間乾燥状態に置かれていたコケの標本から、クマムシやワムシが再び動き出したという報告もあります。

水をかけると生き返るなんて、まるでカップラーメンのような生き物ですが、これもまた生命の神秘の一つには違いありません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
トートバッグは、もともと氷を運ぶための道具だった?
鳥は、何故V字型の編隊をつくる?
土星や木星のガスは、ロケットで通り抜けられる?
高校野球・夏の甲子園で、敗者復活から優勝した高校があった?
除夜の鐘は、何故108回つく?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告