遊女の心もとらえた「土手のきんつば」?
和菓子

きんつばといえば、庶民に親しまれ続けている和菓子ですが、このきんつばが初めて焼かれたのは京都で、5代将軍徳川綱吉の天和・貞享年間といいますので、今からもう300年ほど前のことになります。

米の粉の皮で、赤小豆の餡(あん)を包み、釜の上で焼いた餅があらわれ、京の庶民に喜ばれました。

当時のきんつばは、現在の四角い形とは違って楕円形をしており、刀の鍔(つば)に似ていることから「ぎんつば」と呼ばれました。
が、後に、銀よりも金のほうが…、ということで、「きんつば」となり、江戸にも広がりました。

ちなみにきんつばは、なかでも吉原の遊女に「年期増しても食べたいものは、土手のきんつばさつまいも」と歌われるほど人気を博しました。
この「土手」というのは、吉原遊郭の正面を流れる日本堤のことで、ここにきんつば売りの屋台が出ていたのでしょう。
鉄板の上で焼いた、作りたてのきんつばの素朴さと甘味が好評で、遊女たちの心をとらえたのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ミミズは、バックできない?
「八犬士」とは?
ハチの巣房は、何故六角形?
「成人の日」とは?
将棋の「歩」の裏にある「と」の正体は?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告