暗示にかかって死んだ死刑囚?
暗示

暗示には、人の命をも奪う力があることをご存知ですか?

かつて、スイスのジュネーブで、1人の囚人が、どうせ処刑されるのだから実験の役に立って死にたい、と申し出ました。そこで、心理学と医学の教授は、暗示の力を試そうと、その死刑囚に局部麻酔をしたうえで、

「これからある手術をするが、かなり出血をするので死ぬかも知れない」

と言い、小さな傷をつけたのです。
さらに、死刑囚に目隠しをし、そばで適当に水音を立て、

「おっ、ものすごい出血だ。これは危ない」
「あふれる、あふれる」

などと騒ぎながら、手術をすすめるふりをしました。

すると、死刑囚の顔から血の気が引いてゆき、やがて本当に死んでしまったのです。

実際に死刑囚が受けた傷は、最初のメスのひと突きで、出血もほとんどありませんでした。彼は、見事に暗示にかかってしまったというわけです。
彼は、死刑囚のわりには、結構純朴な心の持ち主だったのかも知れませんね。
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
男がナンバープレートを盗んだしょーもない理由とは?-縁起かつぎもほどほどに
マッチ棒が決め手で、ついに自白?
推理小説をそっくりマネた、大掛かりな詐欺事件があった?
「石狩沼田幌新事件」とは?
小鯛の骨は、人まで殺す?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告