クジラの胃袋から救出された男がいた?
マッコウクジラ

マッコウクジラに飲み込まれた男が、その後胃袋の中から救出されたという話があるのでご紹介します。

1891年、イギリスの捕鯨船が、南アフリカのフォークランド諸島沖で、マッコウクジラの捕獲作業をしていました。
そのとき、クジラの尾の一撃を受け、海中に放りだされた乗組員の1人が行方不明になりました。
間もなく、そのクジラはとどめをさされ、捕鯨船に横付けにされました。

翌朝、滑車を使ってクジラを甲板の上に巻き上げていると、胃袋の中で何か動くものがあります。
そこで、すぐに胃袋を切り開いてみると、なんと、中から行方不明になっていた男が、失神した状態で出てきました。

その乗組員は、ジェームズ・バートレイ(James Bartley)という男で、間もなく息を吹き返したのですが、救出されてから2週間ほどはうわごとをいい続けていたそうです。
その後、バートレイは健康・記憶ともに回復したのですが、クジラの胃液に冒されたため、顔や首などの皮膚が漂白され、羊皮紙(ようひし)のようになっており、一生元に戻ることはなかったということです。

おそらく、あと半日ほどクジラの胃袋の中にいたら、彼は助からなかったことでしょう。
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
牛は6人では運べない?
「所得申告」した律儀な泥棒?
OLへの叱言にはご用心?
45万円も銭湯代を払った意地っ張りな客?
「金庫破りは体力が勝負」と、トレーニングした泥棒がいた?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告