石器人は、1キロ先のささやき声も聞こえた?
石器人

iPodなどの携帯音楽プレーヤーで、大音量で音楽を聴き続けている若者に、難聴が増えてきているというデータがあります。

耳の能力については、実はまだよく分かっていないことも多いのですが、ひとつだけはっきりいえるのは、現代社会に生活する私たちの耳の能力は、確実に退化してきているということです。

アメリカの聴覚学者ローゼン博士が、以前アフリカのスーダンとエチオピアの国境に近い山間部に住んでいたアバーン族を調査したことがあります。
彼らは、石器時代そのままの生活を続けており、太鼓や大きな音を出すものは何も使っておらず、会話も非常に小さな声で交わされていました。

博士が、500人のアバーン族の聴覚テストを行なったところ、ほぼ全員が、サッカー球場くらいの大きさの広場を隔てた先の低いささやき声でも聞き取れるほどの鋭い聴覚を備えていたということです。

もしも、そんな彼らが現在の東京に来たら、その騒音に耳鳴りを覚え、とても生きてはいけないでしょう。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
タイの首都の正式名称は、覚えきれないほど長い?
掛け算の記号は、何故「×」になったか?
猫の耳は、超音波探知機?
世界一の視力の持ち主は誰?
静止衛星は、何故空中で止まっていられる?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)