バターは、もともと塗り薬だった?
バター

今日、パンにつけて食べるもので欠かせないものといったら、そのひとつはバターでしょう。
が、バターはもともと遊牧民(ゆうぼくみん)の食べ物でした。

歴史の本をひもとくと、紀元前2000年頃にはインドでも作られたという記録があります。
また、旧約聖書の中にも、バターについての記述が見られます。

このバターがヨーロッパに伝わったのは、紀元前500年頃のローマ時代だったといわれています。
が、当時はバターは野蛮人が口にするものとして嫌われており、これを食べ物としていたのは、ごく一部の人たちだったようです。

さて、それでは当時のローマ人たちはバターを何に使っていたのでしょうか?
それは、塗り薬、整髪剤としてでした。
確かに、オリーブオイルなどは今でも化粧品として使われていますが、バターも同じように考えられていたわけです。

面白いところでは、軍用に飼われていた象の傷薬としても使われていたといいます。
また、スコットランドやイングランドでは、羊の保護剤や、ランプの油としても用いられていました。

ヨーロッパで、バターが食用とされるようになったのは、フランスで6世紀頃、ノルウェーでは13世紀頃のことといいます。
古くて新しいのが食用としてのバターの歴史なのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「孫の手」は、もともと「仙女の手」だった?
ポテトチップスは、料理人の意地から生まれた?-ポテトチップス誕生秘話
「フリース」とは?
「立つ鳥跡を濁さず」は本当?
ベートーベンの難聴は、鉛中毒が原因だった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告