「橋」と「箸」の語源は同じ?
橋 橋渡し

同音異義語であるこの「橋」と「箸」ですが、語源は同じだといわれています。

「箸」という言葉のもともとの意味は、「食と口との間を渡す」ということです。
すなわち、「箸」は食べ物と口の間、「橋」は岸と岸の間を渡すもの、ということで、語源が同じであろうと考えられます。

ちなみに、この「箸」ですが、生まれて初めての食事をする「食い初め(くいぞめ)」から、亡くなって荼毘(だび)に付された後の骨拾い、仏壇に供えられるご飯に立てる箸まで、日本人の生活に密着しています。

これはまた、現世と霊界へのハシ渡しをするためのもの、と考えられたともいわれています。
語源・由来
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「ワリカン」を考えたのは、あの有名人だった?
「お茶を濁す」とは、安いお茶を上等な抹茶に見せかけること?
「グレる」の語源は?
「贔屓」の語源は?
「ホットドッグ」の「ドッグ」とは、ダックスフントのことだった?

スポンサーリンク

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)