ミツバチは、天体観測をしている?
ミツバチ

動物たちが、帰巣(きそう)や回遊のための針路をどうやって決めているかは、昔から大きな謎とされていました。
が、次第に彼らのコンパスは解明されつつあります。

その有力な手段は、太陽や星の位置、その運行の軌跡を読み取る天体観測をしているだろうというのです。
動物たちには体内時計があって、それで時刻を知り、さらに太陽の位置などから方位を割り出しているといわれています。

例えば、ミツバチは蜜を求めて数キロ先まで飛び回ります。
蜜のある花を見つけると、確実に巣に戻り、仲間にその位置を教えます。
その教え方に、独特の法則があることが観察の結果分かりました。

帰ってきたミツバチは、巣の前でダンス(8の字ダンス)を踊るのですが、このお尻の張り方の向きが、花の位置を示しているというわけです。
そのとき、太陽の位置がどこにあって、巣とどういう角度にあるかで、目的の場所が正確に示されているようです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
平安時代の平均寿命は、たったの27歳だった?
人の体に最も多く含まれる重金属は何?
英語では、「いいとこ取り」を「ライオンの分け前」という?
「釈迦の十大弟子」とは?
最も良く使われる漢字は?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)