パトカーの色は、何故白と黒?
パトカー 白と黒

全国どこでも、パトカーの色は白と黒。
ドライバーなら誰でも、自分の車の数台前を白と黒の車が走っているのを見て、ドキッとしたことがあるはずです。

さて、パトカーが本格的に導入されたのは昭和25年のことですが、当時の配色は白と黒ではなく、シルバーグレーでした。
現在の配色になったのはその5年後の昭和30年のことで、昼でも夜でも、また遠くにあっても、他の車より目立ち、特異性が感じられる色ということで、白と黒の2色に決定されました。

また、当時は舗装されていない道路が多く、ピカピカに磨かれた車もあっという間に汚れてしまうような状態でした。
そのため、多少汚れても目立つように、パトカーの下半分を黒に、上半分を白に塗ることになったようです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
エジソンがほれ込んだ京都の竹?-白熱電球開発秘話
七草がゆには、もともと「草」は入っていなかった?
読売ジャイアンツだけが巨人「軍」と呼ばれるのは何故?
「のど自慢」で、合格・不合格を知らせる鐘は、何と言う楽器?
パンクしても、走行できるタイヤがある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告