結婚式の祝膳に、よくハマグリが出るのは何故?
和式の結婚式の祝膳には、必ずといっていいほど「蛤吸(はますい)」、つまりハマグリの吸い物がつきますが、これは何故ハマグリなのでしょうか?

披露宴

ハマグリは、遠浅の海に生息する二枚貝で、その形がクリに似ているところから、「浜の栗」といわれ、それが縮まって「ハマグリ」と呼ばれるようになりました。

このハマグリの2枚の殻は、どんなにたくさん集めてみても、元の一対でなければ絶対に合いません。
それが一夫一婦のあるべき姿だということで、結婚式の膳に並ぶようになりました。

また、江戸時代、8代将軍吉宗が、婚礼に必ずハマグリの吸い物を用いるべしと定めた、という説があります。
それは、日本中の神様が出雲に集まって、1年分の縁結びをする陰暦10月に古くから婚礼が多く、その時期がハマグリの旬なので、貧富の差なく用いることができるという理由からです。

ちなみに、蛤吸のハマグリ、新郎は実を食べてもいいのですが、新婦は食べてはいけないというのがしきたりとなっています。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
国産第一号の蛍光灯が設置されたのは、法隆寺だった?
同じ道なのに、帰り道の方が短く感じられるのは何故?
プードル犬の刈り方は、水鳥猟のための目印だった?
「上田ハーロー」とは?
フォルクスワーゲンは、卵の殻から生まれた?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告