スティーブン・スピルバーグは、少年時代、女の子にも泣かされる弱虫だった?
スティーブン・スピルバーグ

「未知との遭遇」「E・T」「インディージョーンズ」などで知られるハリウッドの有名映画監督スティーブン・スピルバーグは、少年時代、学校ではかけっこもビリで、女の子にも泣かされる弱虫でした。

しかし、そんな彼が、父親の8ミリカメラを手にしたことで映画に目覚め、12歳で短編映画を撮るようになってからは、どんどん積極的になっていきました。

とはいえ、相変わらず女の子は苦手で、初めてのデートには父親がついて行ったと伝えられています。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
不景気だと車のフロントガラスが割れる?
えっ! 乾杯は毒殺防止から始まった?
つい早トチリをしてしまう、言葉のなぞなぞとは?
細胞を生きたまま封じ込めるCAS冷凍とは?
ワイングラスの柄が長いのは何故?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)