アホウドリは、本当は賢い鳥?
クロアシ アホウドリ

アホウドリと、何とも情けない名前をつけられてしまった海鳥は、ウミツバメやミズナギドリと同じミズナギドリ目に属し、その仲間の中では一番大型の鳥で、大型のものは翼を広げると3メートルにもなります。

が、力強い飛行を可能とするその立派な翼は、地上に降り立つと役に立ちません。
アホウドリの名前は、簡単に捕まってしまうアホウな鳥、またアホウでも捕まえられる鳥という意味でつけられたようです。

しかし一方、海の上に飛び出したアホウドリは、決してアホウではありません。
アホウドリの主な生息地は南半球で、比較的風が強く吹く海域です。
彼らは、海面に近いところほど風が弱まることをよく知っていて、海面近くまで下降したら風上に反転します。
すると、風速が増すことによって自然と上空へ吹き上げられるので、ほとんど羽ばたくことなしに海上を飛行することができます。

このように見てみると、アホウドリはなかなか賢い鳥なのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
マゼランは、世界一周を達成していない?
アメリカのプロ野球を、何故大リーグと呼ぶ?
気温が下がると、固まるはちみつと固まらないはちみつがあるのは何故?
1770年生まれのベートーベンは、1772年に生まれたと信じ込んでいた?
巨大エネルギー放出により、太陽は消滅しないのか?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告