「不甲斐無い(ふがいない)」は、竹取物語から生まれた言葉?
竹取物語

「不甲斐無い(ふがいない)」は、竹取物語から生まれた言葉だということをご存知ですか?

竹取物語の中で、美しいかぐや姫を自分の妻に迎えたいと願う男たちが、姫の元に押しかけます。
そして、その中の1人、中納言石上麻呂(ちゅうなごんいそのかみまろ)は、姫の注文でツバメの子安貝を取りに行きます。
しかし、彼が散々苦労して取ってきたものは、ツバメの糞でした。

そこで、「ああ貝(甲斐)がない」と嘆いたことから、思うようにいかないことを甲斐がないというようになりました。

ちなみに、「腑甲斐無し(ふがいなし)」という漢字は、「云甲斐無し(いふかひなし)」の上略に「不」や「腑」をつけたものとか、「云甲無し(いふかえなし)」のなまったものと考えられています。
雑学 豆知識

広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
放射性物質は、半減期の2倍の時間が経てば0になるわけではない?
「増粘多糖類」とは?
江戸時代には、玉で玉を数えていた?
吉祥寺には、「吉祥寺」というお寺は存在しない?
動物の赤ちゃんは、最初に見たものを「親」と思い込む?-「すりこみ」の不思議

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告