入浴剤に、「残り湯は洗濯に使えますが、柔軟剤との併用は避けてください」と書いてあるのは何故?
入浴剤

入浴剤には、必ずといっていいほど、「残り湯は洗濯に使えますが,柔軟剤との併用は避けてください」と書いてありますが、これは何故なのでしょうか?

入浴剤には、ウラニン色素が入っています。
これは、入浴剤の鮮やかなライトグリーンの色を出すためのものです。
この色素が、柔軟剤の主成分である陽イオン界面活性剤と反応すると、ピンク色の水に溶けにくい化合物を作ります。

お風呂の残り湯で洗濯をする際、柔軟剤を入れると、白いシャツなどがピンク色になってしまいます。
それで、柔軟剤との併用は避けるようにとの注意書きがあります。

実際には、こうしてついた色は洗濯すればほとんど落ちます。
が、注意書き通り避けた方が無難です。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
自動販売機の硬貨投入口に、縦型と横型があるのは何故?
日本で最初の年賀状は?
えっ! 江戸時代、オナラをした娘の身代わりになる役職があった?
コンビーフの缶詰だけ、何故円錐形をしている?
茶碗の足は、安定性を高めるためについているわけではない?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告