「リンゲルマン効果」とは?
綱引き

「リンゲルマン効果」とは、綱引きの際、参加する人数が増えるにつれて、1人1人の出す力が減っていく現象をいいます。「リンゲルマン効果」は、「リンゲルマンの法則」、「リンゲルマン現象」ともいいます。

約100年前、ドイツの心理学者リンゲルマンは、人数を変えて綱引きの実験を行ないました。
それは、1人で綱引きをするときと、2人で綱引きをするとき、また3人で綱引きをするときというように、綱引きをする人数が増えるごとに、個人がどのように力を発揮していくのかを調べる実験でした。

さて、もしそこで相乗効果(そうじょうこうか)が出るならば、綱引きに参加する人数が増えるたびに、より大きな力が発揮されるはずです。

ところが実際には、思わぬ結果となりました。
2人で構成されたグループは期待値の93%、3人で構成されたグループは85%、8人で構成されたグループは49%しか力が発揮されなかったのです。
つまり、綱引きに参加する人数が増えれば増えるほど、1人1人の力が発揮されなくなるという現象が発生したのです。

これは、集団で作業を行なう場合、メンバーの人数が増えれば増えるほど、1人当たりの貢献度(こうけんど)が低下することを意味し、この現象は「リンゲルマン効果」と名づけられました。
リンゲルマン効果は、人数分だけ責任感が拡散するために生じるといわれます。

参考にしたサイト
http"社会的手抜き"を防ぐ「何のため」との問いかけ
http://j-net21.smrj.go.jp/watch/ippomae/entry/20100329.html
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
水の沸点は100℃ではない?
タイの首都の正式名称は、覚えきれないほど長い?
琵琶湖は、毎年北へ移動している?
選挙の投票用紙は、いつまで保管されている?
門松は、何故斜めの切り口なのか?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)