イヤな時間はなかなか過ぎないって本当?
時間

よく、楽しい時間ははやく過ぎるのに、イヤな時間はなかなか過ぎないといわれますが、本当でしょうか?

J・K・フォークとD・ピンドラという心理学者が、以前これを検証する実験を行ないました。
被験者を、ボタンを押すと音が出るグループと、ボタンを押すと電気ショックを受けるグループのふたつに分け、15秒たったと思ったところでボタンを押してもらうというものです。

その結果、ボタンを押すと電気ショックを受けるグループの方が、早くボタンを押す傾向のあることが分かりました。
具体的には、10秒しかたっていないのに、15秒たったと思い、押した人が多かったのです。

これは、電気ショックという不快なものが待ち受けている場合には、時間が長く感じられるということ。
つまり、イヤな時間はなかなか過ぎない、ということがこの実験で証明されたわけです。
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
カーディガンは、戦争から生まれた?
数の単位は?
世界の金持ちペット、ベスト10
偽札を警察に届けたら、損をする?
掛け算の記号は、何故「×」になったか?

スポンサーリンク

雑学 | Trackback(0) | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)