自己破産した場合、貸した方は泣き寝入りをするしかない?
自己破産

個人が自己破産した場合、それまでの借金は一生返さなくていいのでしょうか?
また逆に、貸した方は泣き寝入りをするしかないのでしょうか?

裁判所が、債権調査や配当率決定、配当実施などの終了後に行なう審査で「免責」の決定を下せば、その借金は帳消しになります。
その場合、お金を貸した方は諦めるしかありません(もちろん、財産があれば、免責決定に先立つ破産手続きで、返済に充てなければなりません)。

さて、ここでポイントとなるのは、その借金ができた理由です。
その理由が、生活苦や病気などの場合には免責が認められます。
が、ギャンブルや遊興費のためであったり、また人を騙して借金した場合などには免責が認められないので、借金は丸々残ります。

免責というのは、「誠実な債務者」が人生の再スタートを切るために認められた制度なのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
青柳は、何故「バカ貝」と呼ばれる?
ドライアイスは、何でできている?
「釈迦の十大弟子」とは?
ハリケーンの名前は、どうやって決められる?
船の窓は、何故円い?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告