お札は日本銀行、硬貨は大蔵省と、別々に発行しているのは何故?
お札 紙幣

お札は日本銀行、硬貨は大蔵省と、別々に発行していますが、これは歴史的な経緯によるものです。

明治の初めは、お札、硬貨ともに大蔵省が発行していました。
が、1872年(明治5年)に制定された国立銀行条例で、各地に銀行が生まれ、銀行券(お札)の発行が認められました。

1882年(明治15年)、中央銀行として日本銀行が誕生し、その翌年からはお札の発行は日本銀行に一本化されました。
このため、お札は日本銀行、硬貨は従来通り大蔵省という分離型となり、現在に至っています。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「耳かき」のフサフサの部分の名前は何?
すり鉢の筋の本数にも、歴史的変遷?
アル・カポネは、ゴマすりの模範囚だった?
乳飲料のパッケージに良く書かれている「生乳」は、牛乳とは違う?
ビールのおいしさを作った恩人は、パスツール?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告