「耳かき」のフサフサの部分の名前は何?
「耳かき」の、フサフサした部分の名前は何と言うのでしょうか?

答えは、梵天(ぼんてん)です。

梵天

ちなみに、梵天という言葉の由来は、大元はヒンドゥー教のブラフマン(梵)にあります。
仏教では守護神の一神が梵天と呼ばれます。

しかしながら、これは梵天という言葉の発祥であり、耳かきの白いフサフサに結びつくものではありません。

「梵天」と耳かきのフサフサの言葉の結びつきとして最も有力なのは、修験者が着用する梵天袈裟(ぼんてんげさ)からというものです。
これは、耳かきの梵天と同様、綿帽子状のふわっとした房が左右に2つずつついており、形状だけでなく材質や肌触りなども近いものがあるからです。

梵天袈裟
梵天袈裟
写真は、こちらからお借りしました。

したがって、梵天袈裟の形状と似ていることから耳かきのフサフサもそう呼ばれるようになった、というのが最も有力な説です。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
金メダルを獲ると、いくらもらえる?
「RSS」とは?
日本で最初にパンを焼いた人は誰?
ギャンブルの生みの親は誰?
音の速さは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告