スキージャンプの選手は、何故怪我をしない?
スキージャンプ

スキーのジャンプは、高いところから飛び降りますが、何故選手は怪我をしないのでしょうか?

ジャンプ台が一番大きなラージ・ヒルの場合、ジャンプ台の先端から着地点まで、50~60メートルの高度差があります。
が、時速90キロで飛び出し、上体をぐっと前に傾けるので、揚力(ようりょく=体を持ち上げる力)が働きます。

着地の際も、ちょうどグライダーのようにふんわりと降りますので、それほど大きなショックはありません。
その衝撃は、50センチのところから飛び降りた程度です。

が、失速した場合にはそのショックは大きくなります。

広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
自己破産した場合、貸した方は泣き寝入りをするしかない?
ラジオの蒸気機関車の音は、大根おろし器の音?
日本人は、高い音が好き?
電子レンジで温めた料理は、食べても心配はない?
クジラの排泄物には、形がない?

広告

雑学 | Trackback(0) | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告