スキージャンプの選手は、何故怪我をしない?
スキージャンプ

スキーのジャンプは、高いところから飛び降りますが、何故選手は怪我をしないのでしょうか?

ジャンプ台が一番大きなラージ・ヒルの場合、ジャンプ台の先端から着地点まで、50~60メートルの高度差があります。
が、時速90キロで飛び出し、上体をぐっと前に傾けるので、揚力(ようりょく=体を持ち上げる力)が働きます。

着地の際も、ちょうどグライダーのようにふんわりと降りますので、それほど大きなショックはありません。
その衝撃は、50センチのところから飛び降りた程度です。

が、失速した場合にはそのショックは大きくなります。

スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
トウガラシの辛さは、肥満防止になる?
フォアボールのルールは、いつできた?
「年寄りの冷や水」とは?
キツツキなら、スペースシャトルに穴をあけることができる?
「上田ハーロー」とは?

スポンサーリンク

雑学 | Trackback(0) | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)