口の中にできた傷は、何故早く治る?
口の中にできた傷は、何故早く治るのでしょうか?

口の中の傷

口の中に傷ができると、唾液(だえき)に含まれるたんぱく質の一種「ヒスタチン」が、別のたんぱく質と結合して、歯肉細胞(しにくさいぼう)を増殖させて傷をふさぐことが、松本歯科大(長野県塩尻市)の王宝禮教授(歯科薬理学)と今村泰弘講師(同)のグループの研究で分かりました。

ヒスタチンには、歯周病菌(ししゅうびょうきん)の活性を抑える働きをすることが以前から分かっていましたが、傷の治りを早める働きがあるというのは、新しい発見となります。

動物は、よく傷口をペロペロなめていますが、してみると、彼らはきっと本能的にこのことを知っているのでしょうね。

参考にしたサイト
「傷口につば→早く治る」メカニズムの一端解明 松本歯科大 - 何でもありんす
http://milfled.seesaa.net/article/122346359.html
なぜ動物は傷口を舐めるのか? - おもしろ歯学
http://www.dent.okayama-u.ac.jp/syouni/OKAZAKI/omosiro/kizu/kizu.html
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「雨がっぱ」と「河童」は、まったく関係がない?
世界遺産に選ばれた現在の富士山は、三代目?
「乳化剤」とは?
猫の瞳の形のハイテク機能?
寺に献上された美女に領収書発行?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告