トイレの回数を減らすには?
トイレ

ビールなどを飲むと、トイレへ行きたくなります。
これは、次々と体内に水分を入れているのですから、当然ですね。

が、水分を摂っているわけでもないのに、何故かトイレに行く回数が増えることがあります。
そんな時、トイレに行く回数を減らす裏技があります。
それは、とにかく手足を温めることです。これだけで、おしっこに行く回数が減っていくはずです。

トイレが近くなるのは、血液の流れ方と密接な関係があります。
人間の体は、寒くなると、熱を逃がさないように、手足の血管をグッと細くします。
血管が細くなると、そこへは血液が行きにくくなります。
そうすると、行き場のなくなった血液の多くは、体の中心部を流れ、腎臓を通ります。
その結果、尿の量が増えてしまうのです。

そこで、手袋をしたり、厚手の靴下を履くなどして、手足を十分に温めると、指先まで血液が行きわたるようになります。
すると、腎臓を通る血液の量が減って、トイレに行く回数も減ってきます。

広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
雑誌の写真は、真実を伝えていない?
冷えた体を簡単に温かくするには?
妊婦には、必ず「つわり」があるわけではない?
目の充血を取るには?
トイレの臭いをすばやく消すには?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告