ギャンブルの生みの親は誰?
ギャンブル

ギャンブルの生みの親は、パスカルです。

えっ? パスカルって、あのパスカル?

そうです。17世紀のフランスの哲学者・物理学者・数学者で、「人間は考える葦である」「クレオパトラの鼻がもう少し高かったら、世界の歴史は変わっていただろう」という名言を残した人物としても有名な、あのパスカルです。

パスカルの考えたのは、ルーレットです。
もっとも、パスカルはギャンブルをしようと思って考えた出したわけではありません。
本人としては、宮廷や家庭で誰でも楽しめる遊びとして考えたようなのですが、100年ほど前、フランス人のフランソワ・ブランという人物が、パスカルの考えたルーレットをヒントにした賭博場を開設して大儲け。

さらに、その成功にヒントを得たモナコ国王が、モンテカルロに大賭博場を開いたことで、パスカルのゲームは一気に世界中に広がったといわれています。
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
シコ踏みに隠された、もうひとつの意味とは?
日本酒やワインに、アルコール20度以上のものがないのは何故?
インチキ・ボナトって、何のこと?
サングラスは、もともと日よけではなく、裁判官の表情を隠す道具だった?
円周率暗唱の世界記録保持者は誰?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告