千羽鶴を折る習慣は、外国にもある?
千羽鶴

「鶴は千年、亀は万年」と言われ、長寿の象徴であることから、一羽一羽鶴を折るたびに寿命が延びると考えられ、日本で始まった千羽鶴ですが、1958年(昭和33年)、原爆症と闘いながら、回復を願って千羽鶴を折り続けて亡くなった広島の中学生、佐々木貞子さんを偲び、広島に「原爆の子の像」が建てられました。

「原爆の子の像」の周囲には、常に千羽鶴が絶えず、千羽鶴は、ここ広島から世界中に広がっていきました。

ちなみに、近年千羽鶴に用いる折り鶴は、首の部分を折らない方がよいという説が流れています。
これは、「首を折る→不吉」の連想と思われますが、宗教的にも民俗学的にも根拠はありません。
最後まで、きちんと折るのが正しいスタイルといえます。

参考にしたサイト
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E7%BE%BD%E9%B6%B4
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
なんと、「オジサン」という名前の魚がいる?
血液は赤いのに、手首などに見える血管は何故青っぽい?
涙は、感情の種類によって、味が変化する?
「石に蒲団は着せられぬ」とは?
「ベツレヘムの星」とは?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)