警察などが、企業の帳簿類などを大量に押収したら、会社の機能がストップしてしまわない?
押収

TVなどで、警察などが、企業の帳簿類などを大量に押収するシーンを見かけますが、会社の機能がストップしてしまうのではないでしょうか?

検察官や警察官が行なう押収には、強制的な「差し押さえ」と、任意提出による「領置(りょうち)」の2種類があります。
いずれも、所持者に返還されるのは、原則として裁判が終わったあとになります。

が、帳簿や銀行の通帳など、会社の経営に欠かせない重要な書類などについては、還付ができなくても必要部分をコピーするなどの便宜が図ってもらえます。

広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ラジオの蒸気機関車の音は、大根おろし器の音?
ICタグには、アンテナがついていた?
「CISO」とは?
ヘアケ製品のスプレーには、容器を上向きにして出すものもあれば、下向きに出すものもあるのは何故?
三月三日、五月五日、七月七日は、すべて同じ曜日になる?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告