血液は赤いのに、手首などに見える血管は何故青っぽい?
血管 血液 心臓
血液は赤いのに、手首などに見える血管は何故青っぽいのでしょうか?

血液の大部分は、赤血球が占めています。
そして、この赤血球は酸素の運搬が仕事で、酸素に触れると、それを取り込んで赤くなる性質があります。
そのため、肺で酸素を取り入れた血液は赤いのです。

が、この血液は血管を通って全身に流れ、末端で組織に酸素を渡すと、青黒くなります。
そして、静脈を通って帰ってきます。

手首などで透けて見える血管は静脈です。そのため、青っぽく見えます。
この血液を、酸素に触れないように取り出させば青黒いのですが、酸素に触れると赤くなります。

参考にしたサイト
手の血管が赤くない理由 - ミカク先生(三好美覚)の理科ネタホームページ
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/jr5bun/rikaneta2.html
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
黒いカバンは、白いカバンよりも1.87倍重く感じる?
アルカリ電池とマンガン電池、それぞれの特徴は?
気温が下がると、固まるはちみつと固まらないはちみつがあるのは何故?
鎌倉の大仏が、もしも立ち上がったら何メートル?
シコ踏みに隠された、もうひとつの意味とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告