「売り家と唐様で書く三代目」とは?
売り家

「売り家と唐様で書く三代目(うりいえとからようでかくさんだいめ)」とは、江戸時代に書かれた川柳(せんりゅう)のひとつです。

初代は苦労して財産を残し、二代目はそのおかげで暮らしたものの、三代目になるとついに没落(ぼつらく)して、家を売りに出すようになる。
その売り家の札は、中国風のしゃれた書体で書いてあるという、商売をおろそかにして、道楽にふけった三代目の生活を皮肉った川柳です。

この川柳は、江戸時代に書かれたものではありますが、「売り家」と「唐様」が何かに変わっただけで、現在でもそのまま通用するのではないでしょうか。

参考にしたサイト
売り家と唐様で書く三代目 - ことわざの部屋
http://study.matrix.jp/kotowaza/u4.shtml
売り家と唐様で書く三代目 - お金のことわざ・格言
http://www.kakeibo.biz/proverb/2007/03/post_7.html
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
学校の創立記念日は、どのように決められる?
「天災は忘れた頃にやってくる」は、関東大震災を調査した寺田寅彦の言葉だった?
「交番」の始まりは?
千羽鶴を折る習慣は、外国にもある?
トビの、羽ばたかずに飛べるカタチとは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告