特許と実用新案の違いは?
特許 実用新案

特許は、比較的高いレベルの発明が対象となっています。
これに対して、実用新案は、産業や日常生活に役立つ、ちょっとした工夫-「小発明」と呼ばれる考え方-を保護するために設けられました。

このため、実用新案では、保護の対象を「物の形、構造または組み合わせに掛かる考案」に限定しており、「製造方法」などは対象外となっています。
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
イチジクは、漢字で書くと「無花果」だが、実は白い花が咲く?
ポイントカードで、文字が書き換えられる仕組みは?
とっておきの手段という意味の「奥の手」とは、実は左手のこと?
ヘアピンの一万年の歴史とは?
ボクシングのサンドバッグの中には、砂は1粒も入っていない?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)