「ムーアの法則」とは?
半導体 ムーアの法則

ムーアの法則とは、「半導体の集積密度が約2年で2倍になる」というもので、インテルの創設者の一人であるゴードン・ムーア氏が、1965年(昭和40年)に学会で提唱しました。

参考にしたサイト
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ブラックホールの発見者は誰?
アル・カポネは、ゴマすりの模範囚だった?
「Google電卓」には、人生の答えがある?
黒板をひっかいたときの”あの音”が不快なのは何故?
オリンピックを初めて「五輪」と呼んだのは誰?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)