えっ? 夜が暗いのは、地球が自転しているからではない?
地球の 自転

夜があるのは、地球の自転によるものと私たちは思っています。
が、本当にそうなのでしょうか?

17世紀に、ケプラー(1571-1630)は以下のような疑問を抱いています。
「もし星が太陽と同じならば、なぜすべての星の光の総量が太陽の明るさより明るくならないのか」
と。

結論を先にいってしまうと、夜があるのは宇宙が膨張を続けているからです。
宇宙のはじまりの100万年間は、放出されたすべての光子はすぐに吸収され、原始の空は目もくらむばかりに輝いていました。
それが宇宙の膨張につれて、星の光が空間に拡散するようになり、今のように暗い夜ができてきたのです。

夜が暗いのは、まさに宇宙の膨張によるもので、私たちが夜安心して眠れるのは宇宙のお蔭と感謝しなければなりません。
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「リダイレクト」とは?
犬もあくびをする?
信号の色は、何故赤、黄、青?
乳酸菌飲料に入っている乳酸菌は死んでいる?
三月三日、五月五日、七月七日は、すべて同じ曜日になる?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)