ブラックホールの発見者は誰?
ブラックホール

ブラックホールは、20世紀に相対論が登場して、はじめてその存在が取りざたされるようになった天体ですが、実は、初めてその可能性を指摘したのは、18世紀のフランスの数学者ラプラス(1749-1827)でした。

ラプラスは、天体の脱出速度というものについて考えました。
脱出速度とは、その天体の重力を振り切って宇宙に飛び出すのに必要な速度のことです。
例えば、地球であれば秒速11.5km以上あれば宇宙に飛び出すことができます。
この脱出速度は、その天体が大きくなればなるほど大きくなり、同じ重さならその天体の体積が小さくなればなるほど大きくなるという性質があります。

そこで、ラプラスは十分大きくて重い天体があったとして、それがどんどん縮んだらどうなるかを考えたのです。
天体がどんどん縮むと、脱出速度はどんどん大きくなり、やがて高速を超えてしまいます。
そんな天体からは光も脱出できないので真っ暗であろうとラプラスは考えたのです。

参考にしたサイト
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ミョウガを食べると、物忘れがひどくなると言われるのは何故?
スキー競技には、女子ジャンプがない?
バブルジェットプリンターは、実験中のハプニングから生まれた?
カニの甲羅は、人口皮膚になる?
車のナンバーは、何を表わしている?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告