夏至が真夏とならないのは何故?
夏至

夏至(げし)は、一年のうちで最も日照時間の長い日ですが、何故この日が真夏とならないのでしょうか?

夏至は、6月20日前後ですが、この時期は梅雨の真っ最中で、年によっては肌寒く感じられることさえあり、とても真夏とは思えません。
が、太陽が一番長く照らしているのはこの時期なのです。

この疑問は、一日の気温の変化を思い浮かべれば納得できます。
一日のうちで、一番太陽が高く日照量の多いのは正午ですが、実際に一番気温が高くなるのは午後2時頃です。
気温は、温められてすぐに上がるわけではなく、じわじわと上がっていくわけです。

これと同じ理由で、夏至の頃に地面や大地が十分に温められると、気温がじわじわと上がっていき、7月下旬から8月初旬にかけて真夏となるのです。

ちなみに、大気のない月(月面)では、太陽に照らされるといきなり100℃ほどまで上がり、夜になるとマイナス100℃くらいまで下がります。
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
コペルニクスは、何故宗教裁判にかけられなかった?
宇宙人からメッセージを受け取った際のガイドラインがあるって本当?
「山車」は、何故「だし」と読む?
男性は、女性よりも3倍早くボケるって本当?
歯医者さんの麻酔は痛くない?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)