太陽にも、土星のような輪が存在する?
太陽系
太陽系

太陽にも、土星のような輪が存在するであろうということは、かなり前から予測されていました。

太陽系は、もともと宇宙のチリが集まってできたものなので、出来上がった後もそれらのチリが太陽の重力に引かれてクルクルとらせん状に落ちていき、太陽の近くまで行くと高熱で溶かされて、さらに細かい微粒子になり、フワフワとそこにとどまります。
そんな微粒子が、長い間にたまりにたまって、太陽の周りを取り巻いているのではないかと考えられていました。

が、いかんせん太陽は明るすぎるため、望遠鏡を向けても見ることはできません。

1983年(昭和58年)、インドネシアのジャワ島で皆既日食の観測をしていた日本の観測グループが、この細かい輪を発見し、この予測の正しかったことが実証されました。
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
振りがなを、何故ルビという?
ポテトチップス用のじゃがいもの皮は、やすりではがしていた?
マヨネーズは、何故腐らない?
国会議事堂の出入りに必要なバッジは35種類?
保釈金の額は、どのように決められ、どう使われる?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)