地球の自転速度は、だんだん遅くなってきている?
地球

昔、地球はもっと速く自転していました。
1日の長さで言うと、5億年前は21時間、2億年前は23時間、5万年に1秒の割合で一日の長さが延びてきており、現在は23時間56分4秒となっています。
そのため、その毎日の誤差を、4年に一度「うるう年」として調整しています。

それでは、何故地球の自転速度は遅くなってきたのでしょうか?

その理由は、地球上では毎日潮の干満が繰り返されて大量の海水が移動し、それが海底をこすって自転にブレーキをかけているからです。

スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ハリセンボンには、本当に1000本の針がある?
結婚式の祝膳に、よくハマグリが出るのは何故?
紫式部が幻滅した、清少納言の容姿?
スマホでは、スズムシの鳴き声は聞こえない?
プロデューサーとディレクターの違いは?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)