巨大エネルギー放出により、太陽は消滅しないのか?
燃える太陽

太陽は、自分自身を構成している水素をエネルギー源とする核融合反応(かくゆうごうはんのう)によって輝いています。
この核融合反応では、毎秒約6億9500万トンの水素が、6億9000万トンのヘリウムに転換され、その差500万トンの物質がエネルギーに転化されています。

それにしても、毎秒500万トンの物質が消滅するというのは、まさに桁違いのスケールですね。

ちなみに、太陽が誕生してから今日までに、どのくらいの物質が消滅したかと言うと、地球130個分くらいに相当すると言われています。

それでは、そんなにどんどん物質が消滅していって、太陽はなくならないのでしょうか?

それが、なくならないのです。
何故なら、確かに地球130個分というのはとてつもない質量ですが、太陽全体から見れば、たかだか0.04%にすぎないからです。
太陽は、我々が考えているよりもはるかに巨大な恒星(こうせい)で、ちょっとやそっとで消滅することはないのです。
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
カメの甲羅は、何故六角形?
巻き貝は、すべて右巻きか?
アメンボは、何故水面に浮いていられる?
サウナは、何故100℃のお湯でもやけどをしない?
「近代オリンピック」とは?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)