カツ丼はいつ頃からある?
カツ丼

カツ丼は大正10年、東京で生まれました。
発案者は、当時早稲田の学生だった中西敬二郎。彼が、行きつけの食堂にアイディアを出して商品化しました。

このカツ丼は、現在のような「卵とじ」ではなく、ご飯の上にトンカツを乗せ、特製ソースをかける、「ソースカツ丼」スタイルでしたが、売り出しと同時に大ヒットし、たちまち全国に広まりました。

ちなみに、このカツ丼の発案者に関しては他の説もあり、新宿区馬場下町のそば屋三朝庵の店主が考案したという説や、ヨーロッパ軒創業者である高畠増太郎さんが、東京での料理発表会で披露したという説などもあります。

参考にしたサイト
カツ丼はいつごろから一般市民の間で食べられるようになりましたか??-Yahoo! 知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410158219
「元祖ソースカツ丼 ~ 福井の食文化 」 - ヨーロッパ軒 総本店
http://r.tabelog.com/fukui/rvwdtl/55493/
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
始祖鳥の羽は「ハエ叩き」だった?
一級河川と二級河川の違いは?
水平線は、はるか彼方って本当?
「シールド工法」は、フナクイムシからヒントを得た?
BSとCSは、ほぼ同じものだった?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)