「千の風になって」の作詞者は誰?
秋川雅史(あきかわまさふみ)の歌のヒットで、日本に広く知られることとなった「千の風になって」ですが、この詩は一体誰が書いたものなのでしょうか?

千の風になって 秋川雅史 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

この詩はもともと、西洋で近親者の死や追悼(ついとう)、喪(も)の機会に読み継がれて来た有名な詩で、原題はなく、便宜上、最初の行を借りて "Do not stand at my grave and weep.(直訳:私のお墓で佇み泣かないで)" として知られているものです。

日本では、3行目の "I am a thousand winds that blow"から借りて名づけられた「千の風になって」として、新井満(あらいまん)による日本語訳や、また塩谷靖子(しおやのぶこ)の訳による「千の風」として広く知られています。

この詩の作者に関してはいくつかの説があり、またこの詩にはいくつものバージョンが存在します。
が、1932年に、メアリー・フライ(Mary Elizabeth Frye 1905 - 2004年、アメリカ合衆国 メリーランド州 ボルティモアの主婦)が書いたものという説が有力です。

以下が、メアリー・フライのオリジナル・バージョンと確認されたと言われる詩です。

Do not stand at my grave and weep,
(私のお墓に佇み泣かないでください)
I am not there, I do not sleep.
(私はそこにはいません、私は眠ってなんかいません)
I am in a thousand winds that blow,
(私はふきわたる千の風)
I am the softly falling snow.
(私はやわらかく舞い降りる雪)
I am the gentle showers of rain,
(私は優しくふりそそぐ雨)
I am the fields of ripening grain.
(私は野に実る穂)
I am in the morning hush,
(私は朝の静けさの中に)
I am in the graceful rush
Of beautiful birds in circling flight,
(私は空を旋回する美しい鳥たちとともに)
I am the starshine of the night.
(私は夜空に輝く星の光)
I am in the flowers that bloom,
(私は咲き誇る花たちとともに)
I am in a quiet room.
(私は静かな部屋の中に)
I am in the birds that sing,
(私はさえずる鳥たちとともに)
I am in each lovely thing.
(私はすべての素晴らしいものとともにある)
Do not stand at my grave and cry,
(私のお墓に佇み泣かないでください)
I am not there. I do not die.
(私はそこにはいません、私は眠ってなんかいません)

(管理人訳)
※翻訳するに当たっては、一部以下のサイトを参考にさせていただきました。

「千の風になって」の詩の原作者について
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/prof/1000winds.html

秋川雅史のオフィシャルサイトはこちら。
秋川雅史オフィシャルウェブサイト
http://www.masafumiakikawa.com/

参考にしたサイト
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/Do_not_stand_at_my_grave_and_weep
バラエティー
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ブログを書く時に使う定番ネタランキング
「黄金バット」は、失業が生んだヒーローだった?
「納得できない…!」不満な税金ベスト10
アメリカ歴代大統領の衝撃の老け方!-比較写真で見るそのすごさ
実は知ったかぶりをしているオトナ語ランキング

広告

バラエティー | Comments(2) |
コメント
1000の風
「千の風になって」は新井満氏の盗作で、日本語訳は南風椎さんの「1000の風」がオリジナルだそうですね。
| 2010-03-26 金 23:48:19
Re:1000の風
ちゅんさん、こんにちは。v-410
情報ありがとうございます。

今、ネット上でこの問題が大きな波紋を広げているようですね。
南風椎氏の「森の日記」を読みました。新井満氏の「千の風になって」は、確かに「1000の風(三五館 1995年6月16日初版発行)」と非常によく似ていますね。

が、これらはいずれも原文があっての翻訳なので、似てしまうのは仕方のないものと思います。
また、盗作かどうかは司法の判断にゆだねるのが最良と思いますが、今後どうなるのか成り行きを見守りたいと思います。
| 2010-03-27 土 10:12:57
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告