電卓とプッシュホンは、何故数字の並び方が逆?


電卓

プッシュホン

電卓とプッシュホンは、何故数字の並び方が逆なのでしょうか?

電卓の配列は、金銭登録機(レジスター)の流れをくむもので、「よく使う1や0が手前にあった方が便利」という理由から、下から「0、1、2、3…」と並んでいます。

一方のプッシュホンの配列は、国際電気通信連合(ITU)の勧告で、上から順に並べることになっています。これは、1969年(昭和44年)にプッシュホンが登場したとき、壁掛け式だったことから、上から数字が並んでいた方が自然だという判断からだとされています。

参考にしたサイト
電話からプッシュホンに変わったのはいつ?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411561249
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
百円ライターを真ん中で仕切っている壁は何?
「君が代」は、実はヘブライ語で書かれていた?
「ギネスブック」とは?
初夢に見ると縁起が良いとされる「一富士(ふじ)、二鷹(たか)、三茄子(なすび」は、六まで続く?
4桁のナンバープレートの真ん中にある「-」が、3桁にはないのは何故?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告