剣道の試合で、宮本武蔵のように二刀流で戦ってもいい?
宮本武蔵像
宮本武蔵像

まず、宮本武蔵(1584-1645)は、江戸時代初期の播磨出身の剣客です。
宮本武蔵は、独自の二刀流と、佐々木小次郎との巌流島(がんりゅうじま)の戦いで有名です。

さて、全日本剣道連盟の試合の審判規則では、二刀の使用を許可しています。なので、二刀流で戦うことは可能です。

ちなみに、毎年団体戦に出る300チームに3、4人は二刀流のようです。

参考にしたサイト
一言雑学集
http://fleshwords.at.infoseek.co.jp/hitozatu/hitozatu.htm
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ネクタイの先が、剣型にとがっているのは何故?
とっておきの手段という意味の「奥の手」とは、実は左手のこと?
「ケミカルピーリング」とは?
浦島太郎が、竜宮城へ行くのにかかった時間はどのくらい?
同じ便のパイロットたちは、同じ料理を食べることができない?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)