「サラダ味」の語源は?
サラダ味

焼きせんべいやおかきで、薄い塩味のものを「サラダ味」といいますが、何故「サラダ味」なのでしょうか?

サラダ味のサラダとは、「サラダ油」のことです。
一般的な作り方は、うるち米やもち米などを主原料にした生地を焼き上げたものに、サラダ油を吹きかけ、その上に塩を振って味付けをします。

このサラダ味が登場したのは、サラダ油がまだ高かった1960年代の初めのこと。
日本が高度成長期に入り、欧米の文化が浸透してきたのに合わせて、純日本風の「塩味」に対して洋風の味として生まれたのがこのサラダ味です。
これまでのしょうゆせんべいに比べて、高級・ハイカラというイメージを打ち出すという狙いもありました。

参考にしたサイト
うんちく vol.168 サラダ味-秘中の秘
http://secretary.blog.ocn.ne.jp/secret/2004/12/post_8.html
語源・由来
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ビックカメラが、「BIG」ではなく「BIC」となっているのは何故?
白くないのに「シロサイ」という名前になったのは何故?
スキーのジャンプ競技に出てくる「K点」の意味と語源は?
「ボーナス」の起源となった、江戸時代の習慣とは何?
結婚指環を、左手の薬指にはめるのは何故?

スポンサーリンク

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)